人材不足が原因でプレッシャーを感じる場合

手早く正確に仕事をしなければならないというプレッシャーを受けながら働いている看護師は多いですが、職場によって大きな違いはあります。和気あいあいとしていてあまりプレッシャーを感じずに働ける職場もあるのは知っておくと良いでしょう。

仕事にひたすら打ち込まなければならないような職場に共通しているのは人材不足です。人手が足りないために仕事の効率を求めなければならない場合は、プレッシャーを受けることがどうしても避けられません。特に年度末や新年度になるとさらに人手が減ったり、教育が必要になったりして忙しさが増してしまいます。この時期になると苦労が大きくなるでしょう。しかし、看護師の充足率が高い現場であればこのようなプレッシャーはあまり受けることはありません。焦って仕事をするよりも一つ一つの仕事を丁寧に行うことの方が重視されやすく、落ち着いて働ける環境が整っているのが一般的です。

どれだけ人材が確保されているかは職場の情報を集めれば良くわかりますが、それが仕事の忙しさに見合った数かどうかは職場を見てみなければわからないでしょう。プレッシャーを受けずに気楽に働きたいと考えたら、まずは職場の内部に知り合いを作ることが大切です。人脈はその観点からとても重要なものになります。それが難しいという場合には、患者さんの数に比べて看護師がどれだけいるかという観点で医療の現場を比較してみるとある程度は推察することができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です