人の生命を預かる仕事をする上での重圧

看護師など、医療の現場で患者さんと向き合う仕事には、一般の仕事にはないプレッシャーがあります。どのような仕事でも、自分のミスで他人の生命を脅かすことはあまり考えらません。看護師という仕事の最も大きな特徴といえるでしょう。

経過が良くない患者さんが助かるかどうかでもプレッシャーを感じますし、手術などの場合にも、直接生死に関わる部分については医師が担当しますが、成功する確率がもともと高くない手術など、結果的に自分の行動の一つが患者さんの生死を分けることになる可能性があります。稀なケースを除き、医療過誤ではないので責任を問われることはないですが、命が懸かっているという思いはやりがいでもあり、プレッシャーの要素でもあります。一部の医師は身内や大切な人の手術はできないと述べています。その理由は、大事な人であるほど生死に関わるプレッシャーに耐えられなくなるからといわれており、プレッシャーは手術の成功を左右するほどの影響をもたらすのです。

看護の世界を志す以上、その覚悟はできていると思われますが、プレッシャーに押しつぶされないように工夫をすることが大切です。患者さんは、自分が非番の日に容体が急変することもあります。どこかで線引きをし、休みの日には気分転換を図りましょう。絶えず患者さんを思う気持ちは重要ですがプロとして仕事を行うことを考えた場合、それを徹底することで知らず知らずのうちにプレッシャーとなってしまい、逆に仕事のクオリティを下げ、体調をも崩すきっかけとなるのです。そういったことにならないよう、プレッシャーがもたらす影響や対策方法などが載った「仕事のプレッシャーに打ち勝つ!」を読んでみると良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です